個人事業主が確定申告を自分でやった方が良い3つの理由

確定申告
Pocket

毎年恒例のイベント 確定申告

2月後半になると個人事業主、フリーランスを悩ませるイベントが毎年必ず発生します。
それが確定申告です。

サラリーマン時代は基本収入や保険の申告は会社がやってくれるので全く意識したことがないと思いますが、独立して個人事業主になるとだれも助けてくれません。

領収書

自分で行う場合、領収書集めも収入の計算も支出の計算も全部自分で管理しないといけなくなります。
もししないという事業主がいたとしたら脱税ですので、今すぐ確定申告に取り掛かることをお勧めします。

とはいえ確定申告は必ず自分でやらないといけないわけではなく、税理士さんにお願いしたり、事務に外注したりすれば自分でやる必要はありません。

税理士

その方が効率的だという事業主も私の周りにも大勢います。

マーケティングの原理原則から言えば得意でないことは外注なり他人に任せて事業主は得意なことに専念するのが良しとされており、事業の効率のみを考えるのであればその方が良いかもしれません。

しかしそこを敢えて私は個人事業主は自分で確定申告することをお勧めします。

ちなみに私は1年目は青色申告会に監修してもらい自分でやりましたし、2年目は弥生の青色申告オンラインを契約して豊明市商工会議所に指導してもらいながら自分でやりました。

もちろん自分がやった方が良い根拠はあります。
その理由を順番に3つ述べたいと思います。

①感謝の気持ちを再確認できる

ありがとうという感謝の言葉

確定申告は収入と支出など事業に関わるお金の動きを1つ1つ打ち込んでいきます。

その時、お客様からいただいたお金を再確認できます。
毎月お金を振り込んでいただいたり、大きなお金を振り込んでいただいたりしています。

もちろんお客様によって振り込んでいただく金額は変わりますが、いずれも大切なお金をうちに委ねてくれているわけです。

これはもう「ありがとうございます」以外の言葉が見つかりません。

こんなに多くのお客様にうちは利用していただいたのか、と感謝の気持ちが沸き起こってきます。
私は思わず何人かのクライアントにありがとうLINEを送ってしまいました笑

これが私が確定申告は自分がやった方が良いという一番の理由です。

初心に帰り、心新たにクライアントと向き合えます。

②無駄な支出に気づくことができる

無駄

2つ目は無駄な支出に気づくことができるです。

独立すると作業効率アップのために毎月色々なサービスを利用します。

有効活用できているサービスもあれば、中にはあまり有効活用できていないサービスもあったりします。
有効活用できていないと次第に使う頻度が下がり、しまいには使わなくなってしまいます。

使わなくなったのであれば解約するのが普通ですが、中には解約するのを忘れて契約が継続しているものもあったりします。
ほとんどのサービスは自動更新ですので。

私は1年目はメルマガスタンドのエキスパを半年以上使用していないことに気づきましたし、2年目はHP開設のためのサーバーも現在使っていないのに契約したままになっていることに気づきました。

これをそのまま使い続けていたらメルマガスタンドは月4000円ほど、サーバーは6ヶ月契約で2000円ほどと無駄な支出を払い続けているところでした。

この無駄な出費に気づくことができたのも確定申告を自分で行っていたからだと言えます。

③事務仕事の大切さ・大変さに気づけて優しくなれる

事務仕事をするOL

経営者のメインの仕事はやはり営業とマーケティングという利益を生む部分です。

最初のうちは確定申告は自分でやった方が良いと思いますが、いつまでも自分でやるのも効率的ではありません。どこかのタイミングで人に任せる必要が出てきます。

また個人事業主は多くの人がいずれ法人化して代表取締役になります。

法人になると確定申告は複雑になり、税理士さんや専門の事務スタッフに任せざるを得なくなると思います。

その時に確定申告の大変さ、めんどくささをわかっていれば、税理士さんや事務スタッフの苦労がわかり、優しくなれるかもしれません。

「めんどくさい確定申告は専門家に任せておけばいいや」ではなく「大変な確定申告業務をやってくれてありがとう」の方が任されたスタッフのモチベーションは大きく変わります。
いつもより良い仕事をしてくれるかもしれません。

次点:経費の節約になる

支払い、金額、お金

これは私としてもメリットデメリットのある考え方ですが、もちろん税理士さんや他スタッフの委託しなくて良くなる分経費の節約になります。

私の場合かかった金額は1年目は青色申告会でやり方を教わりながら行ったので無料、2年目は弥生の青色会計購入(6000円)&豊明市商工会議所(半年契約3000円)に教わりながらやったので合計9000円ほどでした。

税理士さんに委託すると安くても年間24万円ほどかかるのでこれでかなりの経費節約になります。

しかし事業主によってはそこを節約する暇があったらその時間でもっと稼ぐという人も多いと思うので、ただ単に節約したい、という想いで自分で行うのはお勧めしません。

まとめ

確定申告中

このように

①感謝の気持ちを再確認できる

②無駄な支出に気づくことができる

③事務仕事の大切さ・大変さに気づけて優しくなれる

次点:経費の節約になる

の3つ+1の理由により個人事業主・フリーランス、特に独立5年目以内の独立間もない個人事業主・フリーランスの方は自分で確定申告することをお勧めします。

私も令和2年度、2年目の確定申告を終えた後、うちへ依頼してくれるクライアントのありがたみを感じてそこからさらに大きな仕事につながったという経験があります。

といいつつ私も確定申告作業が好きなわけではありません。
しかしそれ以上に自分を成長させる要因が確定申告に潜んでいると思います。

個人事業主・フリーランスの方はぜひ一度初心に帰り、ご自身で確定申告をやってみてはいかがでしょうか?

新たな発見があると思います。

Pocket

確定申告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA